最初は動くのがやっとってくらいのオンボロの車だった。
その車を自分の手で修理し、キレイに掃除し、それなりの状態にした。
価値が出たのか、それより少しグレードの高いオンボロ車と交換することになった。
これを繰り返せば、いずれ超高級なオンボロ車が手に入るかもしれない。