記録というのは、いつか必ず誰かが塗り替える日が来る。
僕のこの記録も、いつかは誰かに抜かれてしまうのだろう。
そしていつかは僕が記録保持者だった記憶さえ、色褪せてしまう。
時間が止まらない限り、過去の保存は永遠ではないのだ。