僕はアイデアが閃かないとき、靴下の臭いを嗅ぎながら考えると閃くクセがある。
ある時、人前でそのクセがつい出てしまい、周りの人から冷たい目で見られた。
さすがに治した方が良いと言われて、僕は靴下の臭いを嗅がなくなったのだけれど。
周りから引かれない代わりに閃かなくなった現状を、僕は喜んでいいのだろうか。