どんなことにも、絶対にノーと言わない奴がいた。
どんな頼み事でも引き受けてくれるし、しかも必ず最後までやり遂げてくれる。
でも一度だけ、僕のお願いに対して、あいつはノーと言ってしまったことがある。
「なあなあ、一度だけで良いから、ノーって言ってくれないか?」