私は、狙った的は一度たりとも外したことはない。
だが最近は、的がなくて退屈している。
正確には、的がないわけではない。
狙いたくなるような的がないのだ。