猛獣使いという職業に憧れていた。
普通に生活していたら絶対に触れ合うことのない猛獣を従える。
でも私がなれたのは、しがないペットショップの店長。
これはこれで悪くないかなとも、今はちょっと思っている。