放たれた矢の行く先は、的の中ではなかった。
目標を大きく逸れて、見知らぬ空へと駆け上がっていく。
最初から、それが目的だったのかもしれない。
どこへ向かうか分からない、そんな当てのないものが。