男は女を激しく求め、また女も男を激しく求めた。
それは決して、赤い糸によって結ばれた愛ではない。
二人をつなぐのは、真っ赤な鮮血の飛沫たち。
命を削る殴り合いの中でしか、彼らは愛を育めなかったのだ。