はるか昔、世界は一つだった。
人が増え、やがてまとまりが取れなくなり、次第に争いが増えていった。
そして今、世界は六つに分かれている。
再び一つになる時、この世には終焉の雨が降ると言われている。