ここには、先祖代々、自分が大切にしていたものが祀られている。
自分の死期が近いと悟った時に、その時に最も大切なものを祀るのだ。
私も自分の死期が近くなり、初めてそこを開けて、先祖たちの大切なものを拝んだ。
まさか全員が全員、最愛の人の写真を奉納しているとは思わなかった。