小さな小屋が一つあれば、それで良い。
多くを望んだところで、最終的には何も残らないのだから。
雨風が凌げる場所さえもらえれば、私は幸せに生きていける。
そう思っているのに、どうして次々と、物が集まってくるのだろう。