人を殺す時、罪悪感や後ろめたさがあると、必ずどこかで失敗する。
だから私は、生まれてすぐの子供を攫って、彼らに殺人を覚えさせた。
分別がつく前から、それを当たり前の行為として刷り込んだのだ。
私が歴史的な殺し屋一家の長となれた理由は、その一点以外にない。