面接官をやっていると、何気ない仕草からでも相手の人となりを観察する。
そうやって、一緒に働ける仲間かどうかを判断しているのだ。
でも時々、こっちの方が、一緒に働くに値するか、観察されている気分になる。
まるで深淵を覗いているかのように。