あいつは、自分の得意なことでは、誰とも勝負したがらない。
自信のあることで負けるのを、恐れているのだ。
得意なことでなければ、負けても言い訳ができるから。
もうとっくに、世界中の誰にも負けないくらいの実力は伴っているのに。