夢の中だと、なぜか私はいつも男の子になっている。
別にそういう願望があるわけでもないのに。
でもある日、それが夢じゃないと分かった。
夢だと思っていたのは、私の別人格が起きている時だったのだ。