あまりの眩しさに、目を開けていられない。
どの方向を向いても、まばゆい光が舞い込んでくる。
何となく気が向いたからってだけで、夏祭りになんて来るんじゃなかった。
どこもかしこもリア充だらけの現実が、私には眩しすぎる。