全てを失い、誰も何も信じられるものがなくなってしまった。
今の私には、前にも後ろにも、進むべき道が見えない。
その内に、道を照らしてくれる誰かが現れるかもしれないけれど。
はたして私は、その道を信じて進むことができるだろうか。