正論が通用しないこともある。
きっと正論ばかりでは、世の中は成り立たないのだ。
間違っていることの方が、逆に正しいこともある。
人が間違える生き物なのは、それが必要だからに違いない。