たとえ世界の果てまで逃げたとしても、逃げ切れるものではない。
実際に世界の果てまで逃げた僕が言うのだから、間違いない。
どんなに嫌気が差したところで、向き合い続けなければならないのだ。
自分というパートナーと。