「うおお、何だこりゃ。こりゃあまずい。まずいよ」
「おいおい、気持ちは分かるけど、言葉は選びなさいな」
今のこいつは、不味いものを食べてテンションが上がっているわけではない。
あまりの美味しさにやばいと言っているだけなのだ。