彼は主人の言いつけを守り、毎朝決まった時間に主人を起こしている。
しかしいざ彼が起こそうとすると、主人は決まって「うるさい!」と怒る。
そのくせ寝坊すると、主人は「本当に鳴ったのかよ?」とやっぱり怒る。
それでも彼は文句一つ言わず、今日も律儀に大声で主人を起こしている。