どこまでも澄み渡る満天の星空だった。
今まで見たどんな星空よりもキレイに輝いていた。
たぶんこの先もこんなキレイな星空を拝める日は来ないだろう。
そういう意味ではこの満天の星空は紛れもなく満点の星空だ。