都会にいると、キレイな星空を眺めることがなかなかできない。
それが嫌になり、僕は明かりの少ない田舎に引っ越して、毎晩星空を眺めた。
でも欲ってのは際限がないようで、僕は田舎の星空でも満足できなくなった。
僕が地球を離れることを決めたのは、それがきっかけだった。