僕は真ん中というものがどうも好きになれなかった。
集合写真でも絶対に真ん中に立たないし、成績も真ん中は必ず避ける。
しかし、どうやっても真ん中を避けられないことも、世の中にはある。
僕にとって毎週水曜日がやって来るのは、憂鬱なことこの上ない。