僕は毎日のようにたくさんの人から蹴られる。
別にいじめられているわけではないし、それを嫌だと思ったこともない。
だって僕は、そういう役割を持って生まれてきたのだから。
「みんな、今日もサッカーして帰ろうぜ!」