六十歳で定年するまで、後ろは一切振り返らずに突っ走って来た。
八十歳を超えた辺りから、過去を振り返って懐かしむ日々が増えた。
百歳を超える頃には、そんな過去を思い出すこともできなくなった。
もうすぐ百二十歳になるが、その時に自分は、何を思っているのだろう。