限界まで眠くなると、何かを考えるのがめんどくさくなる。
めんどくさくなるから、本能に身を任せようとする。
だから僕は、自分の真の力は、眠気が最高潮のときに発揮されると考えた。
その結果できたのが、眠くなればなるほど強くなる、眠拳だ。