私の周りにある現実は、悪夢に埋め尽くされている。
だから私は、なるべく長い時間、眠りにつく。
でも寝ている間も、大抵は悪夢しか見ることを許されていない。
結局私は、生きている限り、悪夢から逃れられない運命のようだ。