猫の手も借りたいという状況が、日常にはたびたび存在する。
一言で言えば、物凄く忙しいという意味だ。
しかし私は今、猫の手「を」借りたい状況に陥っている。
猫カフェをオープンしたいのだが、猫の数が足りないのだ。