そのカバンの中には、何が詰め込まれているのだろう。
貴重品か、生活必需品か、それとも思い出の欠片か。
いずれにしても、私には中身を見る権利はない。
だから気兼ねせずに、好きなものを詰め込んでおけば良い。