ただの水や、それを温めだだけのお湯のこともある。
糖分の塊を溶かした、お子様向けのドリンクの場合もある。
あるいは、嫌なことを忘れられる大人向けのアルコールの場合もある。
私の体に何を注ごうと、それは飲む者の自由だ。