自分にとって看板となるのは、名前なのか、顔なのか。
もちろん人によって違うだろうし、両方という場合もあるだろう。
私の場合は名前だと思っていたから、大層なペンネームを自分につけた。
まさか名前よりも顔の方が知られる日が来るとは、思ってもいなかったから。