ヒゲの似合う人ってかっこいいなと思い、自分も目指すことにした。
時間はかかったがヒゲを伸ばして整え、久しぶりにみんなに会った。
そしたらヒゲの語源は卑下じゃないかと思うくらい、散々な評価だった。
次は、どんなに周りから卑下されても平気な人を目指そうと思う。