僕は小さい頃から工作が好きで、暇さえあれば何か作っていた。
今でも休日になれば日曜大工なんかに精を出している。
しかし、いくら工作が得意でもこれはどうにもならなかった。
さすがの僕でも、糠に釘をしっかり打ちつけるのはやはり無理か。