寝ても寝てもまだ眠い。
日に日に、夢の中へと潜る時間が長くなっていく。
気がつけば、夢と現実がすっかり入れ替わってしまっていた。
今の私は、王子様のキスでも起きられないかもしれない。