あいつはいつも、僕がピンチになると助けに来てくれる。
どこからともなく「話は聞いた!」と、颯爽と現れるのだ。
彼はいつでも、現れた時には全ての状況を把握しているのだけど。
考えてみたら、それってずっと盗み聞きしているだけなんだよな。