私は、たくさんの人になめられている。
老若男女を問わず、ある意味、誰からも平等になめられている。
でもそれで良い。
溶けてなくなるまでなめられることが、私の役割だから。