僕は根無し草の野良犬だ。
その日食べる分の食料を確保するのが精一杯。
それでも僕は、明日を生きる為に、今日を生き延びなければならない。
いつかまた、心優しい人が僕を拾ってくれると信じて。