嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれるという迷信がある。
根っからの二枚舌である僕は、それを確かめたくて、とにかく嘘をつきまくった。
迷信は本当だったらしく、ある日僕は、舌を一枚抜かれてしまった。
あの日以来、改心したわけではないのだけど、なぜか嘘がつけなくなった。