臆病な自分から逃げるために、僕は周りの全てを壊すことで、弱い自分を隠した。
あるとき、僕は無抵抗の幼い少女を、その破壊衝動でもって傷つけた。
事情を知っている人でも、当然のようにみんな、僕を非難し、責め立てた。
結局僕は、現実から逃げるために、自分自身を壊して、この世界から自分を隠した。