私はみんなから先生と呼ばれている。
尊敬の念を持って欲しいとか、目上の人間として扱って欲しいわけじゃない。
昔からずっと、先生と呼んでもらえることに憧れがあったのだ。
だから単純に、あだ名として先生と呼んでもらっている。