あいつにこれ以上新しい魔法を覚えさせるわけにはいかない。
魔法の厄介なところは、詠唱すればいつでも発動することだ。
だからあいつのように、寝言がうるさいやつが覚えると、実に厄介。
この前も寝ている間に、部屋が凍るという事件が起きたし。