僕はどうしても、刹那主義になることができない。
自分が何かを残すのは、今の為ではなく、後の世の為。
自分が死んだ後に、自分が関われないところで、自分が何かの役に立つ。
ただその為に、僕は今を生きているのだ。