こんなこともあろうかと、影武者を務めてきたのだ。
いつでも主人の身代わりになる覚悟はできていた。
万全の警備だったにもかかわらず、主人はあっさり首を取られてしまった。
今日からは私が主人の代わりにこの国を治めていくのだ。