やつを殺し損ねた。
ほんの一瞬躊躇しただけなのだが、その結果がこれだ。
今はもう、やつの姿を捕らえることすらできない。
蠅ははえ~、というあのくだらないギャグは、かなり的を射ている。