僕の周りには、いわゆるタレントが多く揃っている。
アイデアマンや技術者など、各種エキスパートが目白押しだ。
僕だけが、何の取り柄もなく、何となくみんなと一緒にいる。
こんな僕が、ここを居場所と思っていて良いのだろうか。