一回だけしか起きなければ、珍しいの一言で済む。
でもそれが何度も連続して起きれば、偶然の一言では済まされない。
吉報の前触れか、不幸の前兆か。
それを前もって知ることができないのが、辛いところだ。