太陽の恩恵がなければ、私たちは生きられない。
だからいつでも、太陽がどこにあるかを探し、見つめている。
たぶん、私たちのその姿を見て、つけたのだろう。
「私はあなただけを見つめる」という花言葉を。