おそらくは二度とやってこないであろう、一発逆転のチャンス。
ここを逃せば、この先の人生で成功が舞い込んでくることはないだろう。
渡りきるには、とてつもなく危ない橋。
それでも今の私には、この橋を渡るしか、勝負に出るしかないのだ。