あの子は、何と言うか、会うたびに新鮮な気持ちにさせてくれる。
まるで毎日が初対面のような感覚に陥るのだ。
後で聞いてみたら、本当に毎日が初対面だったらしい。
私が会っていたのは、毎日別のクローンだったのだ。